So-net無料ブログ作成

高級食パン専門店「銀座に志かわ」大分に九州初店舗をオープン、“水”にこだわったもちもち食感 [情報 食べ物]

スポンサーリンク




高級食パン専門店「銀座に志かわ」大分に九州初店舗をオープン、“水”にこだわったもちもち食感


高級食パン専門店「銀座に志かわ」が、九州初店舗「銀座に志かわ 大分明野店」を大分県大分市に2019年8月7日(水)オープン。



「銀座に志かわ」は、“水”にこだわり毎日工房で焼き上げる手作りの高級食パンを販売する人気専門店。国内での店舗は今回の大分明野店で17店舗となる。



ベースとなっているのは、伊勢神宮に食パンを奉納した実績もある三重県や愛知県で人気のパン屋「513ベーカリー」の食パン。一流料亭やホテルに浄水器やアルカリイオン整水器を提供するOSGグループと共に開発した“仕込み水”を使用し、ほんのり甘く、もちもちとした、耳まで柔らかい口溶けの良い食パンを作り上げた。

食パンを買った1日目は、生で食べるのがおすすめ。しっとりとしたのど越しでほんのり甘く、耳まで柔らかいモチモチした食感を堪能することが出来る。

2日目以降は、トーストにして外はカリッ、中はふんわりの生食とは違った美味しさを味わって。ジャムやバターと合わせた朝食にはもちろん、きんぴらごぼうや柚子胡椒などの和惣菜、漬物や佃煮といった和惣菜との抜群の相性を誇る。

なお、「銀座に志かわ」で提供する食パンは1種類のみ。気温、湿度などに応じて吸水率や発酵時間を調整するなど日々の徹底した数値管理を行い、常に最高の食パンを作り続ける名店の味を是非一度体感してみてはいかがだろうか。




[わーい(嬉しい顔)][るんるん]












スポンサーリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...